音楽科担当教諭のためのコンピュータ音楽のサポート

ソフトやドライバのインストール、外部音源の設定、ソフトの操作等がわかりやすく説明してあります。

 このページは「これからの音楽教育コンピュータで何が出来るか」の関連サポートから出発しましたが、先生方の要望 に応えていく内に、この分野の幅広い領域をカバーするようになりました。これからも新しい情報を提供していきますので、どうかお気軽にご活用ください 。

著書「これからの音楽教育コンピュータで何ができるるか(全音楽譜出版社)」 の紹介→(クリック)

 上記著書が出版されてから2年目を迎え、パソコンの基本ソフトのOSもWindowsでは98〜XPまで、MacintoshもOS8.0〜Xへと進化してきましたし、「Print Music」や「Singer Song Writer Lite」等のソフトも少しずつバ−ジョンアップしますので、ソフトのインストール画面も異なってきます。したがって、ソフト等のインストールについては、下記項目の最新情報を参照(「PrintMusic」はNo.03〜05,「Singe rSong Writer Lite」はNo.06〜10,No.22〜27)して下さい。

 ここでは「これからの音楽教育-コンピュータで何ができるか」の記述に関連したミュージックソフト、音源(ソフト音源、外部音源)、オーディオインターフェース、Video Capture等の操作法や情報、活用事例の他、コンピュター音楽にかかわる新しい情報の提供もしていく予定です。
 尚、ここではパソコン初心者の方にも理解しやすいように、実物の画像を提示しながら詳しくていねいに解説していますので、データ量が多くなり、古いパソコンや通信速度の遅いインターネット回線では画面の表示速度が遅くなることがありますが、予めご了承ください。又、パソコンのシステムの違いにより、説明の画像が全く同じようにはならないこともありますので、少々のことは気にせず先へ進み、インストール後の確認もきちんとやって下さい。

 音楽教育に関連したコンピュータ音楽については電話によるサポートも行います。Mailで私のところへ氏名と勤務校をお知らせいただくと、こちらから全国どこから掛けても一通話7円50銭でかけられる電話番号をお知らせしますので、この電話番号を使ってください。サポートは全て無料です。ただし、全てが解決するわけではありません。Mail Adress : →(Mailエラー訂正しました。)















《 サポート項目(のついたものは利用可能。) 》

No.

コンピュータ音楽の基礎(MIDIとAudio)について

01

音楽教育でコンピュータ音楽が役立つこと、技術習得のめど

02

PrintMusic!2001のインストールと設定  ソフトの操作は上記著書に詳細に記述。

03

Print Music! 2004のインストールと設定 NEW !  下の4)は印刷楽譜を「PrintMusic2004」に楽譜として取り込み音として再生する方法です。

04

Print Music!2004のやさしい操作法 1)マウスを使った楽譜の作成  2)MIDIファイルへの保存 3)鍵盤を使った入力法 4)印刷楽譜を鳴らす。

05

「Singer Song Writer Lite4.0」のインストールと確認(Windows98/Me)   

06

「Singer Song Writer Lite4.0」のインストールと設定 (Windows200/XP)

07

Virtual Sound Canvas3.2 (Singer Song Writer 4.0に添付) のインストールと設定  

08

Singer Song Writer Lite 4.0 の新機能を使ったやさしい表現データの入力法

09

Singer Song Writer Liteの自動伴奏機能の使い方  

10

本書(上記著書)に添付されているソフト音源(GS Synth)で音楽を聞く方法。(添付CD-ROM) 

11

音楽教育に役立つソフト・シンセサイザーの紹介と使用法 (VSC-MP1,Hyper Canvas,Orchestral )

12

USB MIDI Interface「UM-1X 」のインストールと設定 (Windows 98/Me)(外部音源/キーボードへの接続可能)

13

USB MIDI Interface「UM-1X」のインストールと設定(WindowsXP)(外部音源やMIDIキーボードへの接続が可能) 

14

SC-8820 USB MIDI Driverのインストールと設定 (Windows98での外部音源の使用法)

15

SC-8820 USB MIDI Driverのインストールと設定 (WindowsMEでの外部音源の使用法

16

SC-8820 USB MIDI Driverのインストールと設定 (Windows2000での外部音源の使用法

17

SC-8820 USB Driverのインストールと設定 (WindowsXPでの外部音源の使用法)

18

インタ−ネット上からUSB MIDI Driverをダウンロードして使うには(Windows Me)

19

SC-8820 Serial MIDI Driverのインストールと設定 (Win95〜98 ,RS-232C端子使用)

20

Macintoshのシリアルポートを使った外部音源の使用法 (著書P48〜57に詳細な解説があります。)

21

Singer Somg Writer Lite 4.0を使った合唱のパート練習用データの作成事例 (GM,GS音源使用)

22

Singer Somg Writer Lite 4.0を使った合唱のパート練習用データの作成事例 (GM、GM2音源使用)

23

Singer Song Writer 8.0(VS)を使った合唱のパート練習用データの作成事例 (GM,GS音源使用)

24

やさしいハードディスクレコーディングの方法ー1(準備:機器の接続とドライバのインストール等)

25

やさしいハードディスクレコーディングの方法ー2(Sound it3.0を使ったAudio録音)、(簡易な音楽CD作成)

26

27

Audio Capture UA-1A(USB対応)のインストールと設定(Windows98/Me) 

28

MIDキーボード(鍵盤)を使ったデータ入力法(Print Musicを使用) (著書84〜92Pに詳細解説有。)

29

MIDキーボード(鍵盤)を使ったデータ入力法(Singer Somg Writer Lite 4.0を使用)

30

通信ジューク(Juke Play)の効果的な活用法について (データ作成、歌詞入力、データの置き場所等の詳細は上記著著を参照)     

31

32
GM2音源への対応 - Singer Song writer 4.0 33
34

PowerPointを使ったMIDI、Audio(MP3等)、Video(MPEG-2)データのリンクのさせ方(指導過程での活用)

35
TV&VideoCapture「GV-MVP/RZ」(インストールと確認/TV・Video画像の録画/MPEG2への保存と活用) 36
USB-MPEGOUTを使ってパソコンに保存した高画質データ(MPEG2)をテレビに映す方法 37
MIDIキーボード「PC-70」の操作方法(楽器指定を中心に) 38
中古MIDI音源の選択と購入方法と活用について。 39
インターネット上でMIDI、Audioデータを公開する方法(合唱のパート練習用データ等の活用等) 40
1)音源について 41
2)MIDIキーボード(MIDI鍵盤について)  MIDIキーボード(PC-70)の楽器音指定について 42
43
4)Video Capture(ビデオ・キャプチャ)について 44
A) ミュージックソフト等の動作確認(著書関連) 45
46
47
48
49
50

MIDI Driverとは‥YAMAHA提供のMIDI Driver講座→(クリック)。RolandのMIDI Driverのダウンロード→(クリック)

51

 字幕スーパーを走らせるカラオケ的な演奏ソフト:Rolandの通信ジューク(JukePlay) はここでダウンロードできます。ここをクリックして)の下の「はじめてRNSをお楽しみになる方」の右の「通信ジューク4フルセット」をクリックし、通信ジュークページの左下のFTPダウンロードをダブルクリックし、後は流れにしたがってパソコンのデスクトップに「INST JP41」 がが出たら、これをダブルクリックして解凍し、「Roland通信ジューク4」の大きな画面が表示されたら、下の画面で次へを順番にクリックしてこのソフトのインストールを完了させる。

52

Q&A(質問に答えて)(現場の先生方の質問と答えを紹介。名前は出しませんので気軽に質問して下さい。)

一般的な質問(クリック)   技術的な質問(クリック)  

53
 現場の先生方のご質問は→(クリック) 54
入力用五線のダウンロード(Singer Song Writer用) (徐々に五線の種類を増やしていく予定です。) 55
PCR-50の基本操作(入門用) 56

  Top Pageにもどる